友禅染めの作業工程

1.図案

構想を練って図案を作成します。
(原寸大もしくは六分一ほどの縮小サイズの図案)

2.下絵

藍花(最近では蒸気できえる新花を使用)で下絵を描きます。
細かい模様などでは、図案をトーレスして描きます。

3.糊置き

もち粉で作った糊を用い、筒で下絵にそって細い線を置きます。
(最近では、樹脂でつくった糊を使っている職人が多くなりました)

4.友禅挿し

あらかじめ、にじみ止め(地入れといいます)をしてから、
染料を水彩絵の具を使うような感覚で、図柄に色挿していきます。

5.伏せ糊

友禅挿が完了した模様の上に、もち粉糊でかぶせます。
(防染するため)

6.地染め

地色を大きな刷毛で染料を含ませて塗ります。
(ひき染めといいます)

7.蒸し

蒸しをすることで、染料(30分~40分ぐらい蒸します)を定着させます。

8.水元

糸目や布糊を水で落とします。
(友禅流し)
ゴム糸目糊などを使用した場合はドライをします。

9.仕上げ

金箔、砂子、刺繍など入れて仕上げます。
(必要に応じて仕上げます)