小学校でのローケツ染め

小学校での友禅講師

だいぶ前にはなりますが、東京都文京区の小学校にて、友禅講師を務めました。

東京手描友禅”とはなにか?

”伝統工芸士”とはなにか?

などの講義と友禅作品の紹介、体験ということで「ローケツ染」を行いました。

 

”東京手描友禅”についての講義

 

体験に入る前に友禅の歴史と作業工程をわかり易く解説

さらに訪問着を見てもらい、作品の説明も詳しく行いました。

訪問着は、京都の北山杉の雪景色

杉が横に並び、その頭の部分に雪が積もっている光景を描いており。

展示会でも受賞した作品でした。

迫力のある作品だったこともあり、生徒は皆「凄い!」と感激して見ていたことが印象深かったです。

 

訪問着の作品紹介

 

ローケツ染め体験

体験内容については、小学校の先生より

友禅の学習をした事もあって、実際に授業で体験学習をやってみたい

そしてローケツ染の本を読んでいたので、友禅でローケツ染をやってみたいです

という話を頂きました。

私は

ローケツ染めは出来ますが、学校だとロウの匂いが残るでしょうし、

”電熱器でロウを溶かして筆でラインを描き色を塗る”技法であり、

ローケツには意外性もあり、面白い染色だけど、子供には少し難しいと思います

と答えました。

ですが、それでも先生は「ローケツ染をやってみたい」という事でしたので、

小学生でも出来る図柄を準備し、ローケツ染体験授業を行う事になりました。

 

ローケツ染め体験授業

 

 

ローケツ染め体験授業

 

当然ですが、生徒にとっては初めての体験であり、

自分で描いた図柄に予め溶いたロウに筆で楽しそうに描いていました。

糸目友禅と違い、面白い作品が出来上がったと思います。

 

 

生徒達はとても楽しそうにし、そしてとても喜んでくれました。

何人かの児童は私の側から暫く離れようとせずに、くっついていた事も鮮明に記憶に残っています。

私が帰る時には、みな名残惜しそうに手を振ってくれていたことは、

小学生に友禅を伝える醍醐味でもあり、ローケツ染めを選択して良かったと改めて感じました。

子供達は純粋に新しい物を吸収し、実直に体験を行ってくれます。

その景色は、私に新たな原動力と、「東京手描友禅」という日本の伝統文化を伝えていかないと。

という使命感のようなものを覚えさせました。

黒留袖 雪輪

黒留袖 雪輪
黒留袖 雪輪

 

古典柄の雪輪の中に花などを入れて豪華に仕上げた黒留袖になります。

背景には、御所解文様、裾に疋田を入れ、配色には沢山の色を使いました。

仕上げには刺繍を入れた、華やかさと優雅さを表現した作品です。

図柄の輪郭線は昔ながらの餅米で作った糊で線引し、とても手間のかかった手仕事でした。

友禅授業(青南小学校)

港区にある「青南小学校」にて、東京手描友禅の講師を行ってきました。

4年生になると「伝統工芸」についての授業がある為、

座学だけでは無く、実際の職人から話聞く

という事で、東京手描友禅の歴史や作業工程の説明や、実際のきものや帯などの作品を見てもらったり、友禅体験なども行っています。

 

 

東京都内の小学校が多いですが、講師依頼のお話はよくあります。

今回は体験は行わず、友禅についての講義のみでした。

友禅の歴史は小学生にも分かり易いように説明をしています。

友禅は、江戸時代に京都の絵師宮崎友禅斎が発案したものであり。
その時代は江戸が政治の中心だったので、京都の職人が江戸に移り、手描友禅を始めた。
江戸が東京と変わっていくにあたり、「東京手描友禅」として、京友禅・加賀友禅と並ぶ、日本3大友禅となった。江戸は京都の華やかさと違って比較的地味なので、友禅の着物も当時は少し地味目な色であったと。

 

作業工程の説明では写真で分かりやすく説明。

この仕事(友禅)は筆を使って下描きして、糊が置いてある線の中に絵具を塗る根気のいる作業であり、京都では糊を置く人、色を塗る人、地染をする人、という具合に分業になっているが、東京では一人の作家ですべての工程をやる事が多く。

大変ではあるが、自由な作品を作ることができた。

生徒の皆さんは、「とても細かい仕事だ!」と関心していました。

また、作るのにどの位かかるなどの質問がありました。

後日、先生や生徒さんから、感謝のお手紙をいただく事も多く。

私も、非常に貴重な体験をさせて頂いていると実感しています。

 

友禅を実際に見て、とても手間がかかるだろうと思った生徒が多数でした。

作品の現物を数点見せたところ、

「綺麗!」

子供達や先生も皆歓声をあげていました。

着物は絵画のような大きな画面に細かく描いてあるので、これを手描で描いたように見えなかったようですね。

「写真とは違い、一つ一つ手で描いていくんだよ」と説明すると、

そこでも、すごいと歓声を上げていました。

ダイナミックな図柄を見てあっけにとられていた。

 

絹の着物に直接色を塗ることで、優美な着物が出来上がるということは

世界に誇れる日本の美しい伝統文化でもあるので、

こうした、授業を通じて小学校の生徒にも正しく伝えていきたいと思っています。

講義と体験を一緒にやる事も多く、講義だけでは原体験として理解できないことも、体験をするとその面白さや大変さなどが、より実感できます。

一人でも多くの子供達に、この日本の文化を感じて欲しいと思っています。

友禅スマホケース(花車)

 

友禅スマホケースのデザインサンプルとして、”花車”をイメージしたデザイン柄です。

 

 

手押し車に四季の花を添えて描きました。

車は友禅らしく装飾的に、花は写実的であり、

モダンで可愛らしい感じになるように配色をしてみました。

これも友禅ではよく使われる柄ですが、

彩もにぎやかに、華やかで楽しさを感じいただけるように仕上げました。

友禅スマホケース(亀甲と蝶)

友禅スマホケースのデザインサンプルとして、”亀甲と蝶”をイメージしたデザイン柄です。

 

 

”亀甲”と”蝶”は、友禅では良く登場する定番な古典柄です。

亀甲と蝶の配列を四角に対比して配置し、おしゃっれな構成を試みました。

配色も赤系統で塗り、はっきりとした図柄になるような色を使い、

古典柄でオシャレなイメージを表現してみました。

友禅スマホケース(菊)

 

友禅スマホケースのデザインサンプルとして、”菊”をイメージしたデザイン柄です。

 

 

菊の花ビラを大きく大胆に並べて、その中には昔からある文様を配置してみました。


配色は赤系とブルー系を主にして対比させて、メリハリのある図柄に仕上げました。


古典柄でありながら、動きのあるダイナミックなイメージで製作した為、

とてもボリュームがあり、手間のかかるデザインでした。

友禅スマホケース 手麻里

友禅スマホケースのデザインサンプルとして、”手麻里”をイメージした柄を用意してみました。

昔から描かれている手麻里を、モダンな柄にアレンジしてみました。

あくまでも友禅の雰囲気をもたせながら、デザインは今風にして、

背景は手麻里の糸で動きを表し、配色もメリハリの利いた色を並べて、

動的で可愛らしい図柄に仕上げてみました。

友禅スマホケース

友禅の図柄をスマホケースへのアレンジを検討しています。

デザイン案をいくつか検討している状態で試行錯誤しております。

こちらのデザインは、

扇面に扇子の紙の部分を円形並べ、背景は枝垂れ桜を配し、

古典的な詩情をイメージでありながら、動きのある画面を構成しました。

扇面の中の柄は、古典柄の花柄や七宝などを描きました。

友禅ではよく使われる図柄ですが、赤系の色を中心にキレのいいモダンな感じに表現してみました。

 

手帳型スマホケースにすると画像のようになります。

「隆生きもの工房 STORES」より購入可能です。

※上記リンククリックで、隆生きもの工房オンラインSHOPへ遷移します

 

国際フォーラムイベント

ハンカチ体験の様子。後ろの作品は隆生作品と一部友禅の仲間の作品

東京有楽町にある「国際フォーラム」にて、

東京都の”モノづくり”をしている人や業者が参加して開催される。

ものづくりの祭典

が開催されました。

「多くの方に東京手描友禅の事を知ってもらいたい」という目的で、

私、鎌滝隆生は、「東京手描友禅」の代表として参加し、

ハンカチの体験と作品の展示を行いました。

青いベストを着ているのは、手描友禅 熊沢さん

立地も良く、会場もとても広く、イベントが盛り沢山という事もあり、

来場人数が多く。手描友禅に仲間に応援をしてもらいました。

友禅の体験も、常に人が居る状態でした。

中央、青いベストを着用しているのは、熊沢さん 東京都中野区を中心に活動されています。

理事長の岩間さん小倉工房の小倉隆さんなども、応援に来てくださいました。

小池都知事に来ていただいたり、能の披露や宮大工の方による神社の棟上げ式

など、非常に盛り上がった祭典でした。

着物に触れる機会として、無料の着付け教室などで、まずは体験するのも良いと思います。

不忍通りふるさと館でのイベント

根津にある不忍通りふるさと館では、伝統工芸品の展示やイベントなどが開催されております。

私、隆生の作品と友禅染教室の生徒の方の作品の展示や販売、体験や実演イベントでは主催者側としての参加して頂いたりしています。

どなたでも無料で入館可能で、間近で友禅の実演状況をご覧頂けます。

近くに根津神社もある為、春先に開催されるつつじ祭りの時期は、

例年多くの人で賑わいを見せております。

作品の展示や販売なども行っており、隆生の作品以外にも、友禅染教室の生徒の作品も出品しております。

生徒さんにも主催者側として、実演をして頂いたり、体験の先生をして頂いたり。

通常では味わえない体験に、非常に喜んで頂いています。

見られている状況で実演する事に、最初は戸惑いを見せる方が多いですが。

やはり、やってみると非常に貴重な体験と感じているようです。

友禅の教室は若い方が多く、若い方に興味を持って頂ける、友禅の理解とその技法をマスターして頂ける。

講師としても非常に喜ばしく感じます。

隆生工房の友禅染教室では、生徒さんのアイデアを尊重した作品の制作や販売もしております。

友禅の櫛、時計、お皿、エコバッグなどなど、様々なアイデアを作品・商品にするところまでサポート致します。

生徒さんの中には、自身で加工をしてしまう方もいらっしゃいます。

絵を描けない方も、教室に参加している方もいらっしゃいます。

みなさんも趣味の一つとして始めてみては如何でしょうか?

着付けに興味ある方もいらっしゃるようですので、無料で着付け体験で着物などに触れるのもスタートとしては宜しいかと思います。