東京手描友禅とは

東京手描友禅は、”京友禅”、”加賀友禅”と並び、「日本三大友禅」とされています。

その歴史は一番浅いです。が、近代的でもあると言えます。

日本の中心が京都から江戸(東京)に移り変わっていき、時代も江戸から近現代と変遷をし、時代とともに発展してきました。

分業制により作品を仕上げていく、”京友禅”、”加賀友禅”とは異なり、

”東京手描友禅”は全行程を職人一人で仕上げる事も、その特徴の一つと言えます。

友禅の歴史

江戸時代5代将軍綱吉の時代、財政が厳しくなり「贅沢禁止令」がだされた。そのころのお金持ちの絹の着物は豪華な刺繍が施してあったので、これは贅沢だ!と装うのを禁止されてしまった。

そこで、京都の絵師の宮崎友禅斎が絹の着物に絵を描くことを考案して、様々な図柄を描き評判になった。そこから、手描の着物は友禅斎の名前から「友禅」と命名された。

当時文化の中心は江戸にあったので、京都にいた友禅師達は江戸に移り工房を構えたのが江戸での友禅の始まりという説がある。